レッドビーシュリンプの飼育や繁殖に初挑戦!【シュリンプファン】

レッドビーシュリンプの購入

 

レットビーシュリンプは、数をそろえると結構な出費になります。
繁殖を狙うなら最低5匹、出来れば10匹程度は必要になります。
(メスとオス両方混ざっていることが必要になります。)

 

グレードを気にしなければペットショップやホームセンターなどで、
1匹400〜800円程度で入手が可能です。
専門店で高グレードの個体が1匹あたり数千円程度で手に入ります。

 

初めて購入する方は、近くのお店で
出来るだけ安い個体を2〜3匹購入して飼育環境の確認をおすすめします。
その後、必要なだけ購入するようにしましょう。

 

最初にレットビーシュリンプを購入するのは高いと感じられる方は、
チェリーシュリンプなど安く入手しやすい個体を使って
飼育環境をチェックすることをお勧めします。
ただし、普通のヌマエビ類は環境変化に強いため環境確認に適しません。

 

また、レッドビーシュリンプをグレードに関係なく大量に手に入れるには、ヤフオクがお勧めです。
ヤフオクで購入すると送料がかかるため、まとめ買いが基本になりますが、
1匹あたり100〜300円程度で入手可能になります。
運が良ければ高グレードの個体が混ざっていることもあります。
逆にひどいグレードばかりのこともありますが・・・^^;

 

ペットショップは実際に見てから購入できる面がメリットです。
家の近くにペットショップがない、大量に安く買いたいときにはヤフオクが便利です。
他には、インターネットでは、レッドビーシュリンプ専門店のBeeQuestなどでも販売しています。

 

 

注意点ですが、実際にレッドビーシュリンプを購入して、
新しい水槽へレッドビーを移し替えるとき、
いきなり水槽の中へ放り込むようなことをしてはいけません。

 

レッドビーシュリンプを水温や水質の違う水へいきなり入れてしまうと、
最悪の場合には全滅してしまうことさえあります。

 

以下に、購入したレッドビーシュリンプを水槽へ移し替える手順を
書いていますのでご参考にしてみてください。

 

 

購入したレッドビーシュリンプを水槽へ移し替える手順

まずは、レッドビーを袋のまま水槽へ浮かせます。
 
このまま1時間ほど置いて、水温が同じになるのを待ちます。
 
つぎに袋の水と水槽の水を少しずつ混ぜて、
ゆっくりと水槽の水に慣らしていきます。これを水合わせと言います。
 
水合わせしながら、レッドビーも水槽にゆっくりと移し変えてあげます。

水合わせにはじっくりと時間をかけてあげることが大切です。
  専門家は点滴のようにしながら水を加え、何時間もかけて水合わせを行うほどです。

 

 

 

 

ページの上に戻る ページの上に戻る

カテゴリー